メニュー ホーム

大容量データを転送する最適なサービスとは

一般的なメーラーでは転送出来る容量に限りがある

普段使いでは大変便利なメーラーですが、それはあくまでメール本文に対し重要性を持たせる会話感覚の一般的な利用法の上であり、大事かつ大容量のデータを日常的にメールに載せ転送するビジネスや研究・開発といった仕事上の利用ではどうしても不利となってしまうでしょう。一時的な解決方法としてはメールの契約内容を変更し、メールサーバ容量を増やしたり転送量を増やせる様回線速度等を強化したりといったものがありますが、それでも限界はあります。

大容量データ転送サービスを活用する方法がベスト

膨大なデータを扱う数多くの企業や個人が取り入れているサービスとして、大容量データ転送サービスがあります。こちらは容量超過となってしまうメーラーを経由せず、あくまでインターネットを利用しデータの受け渡しを行います。メーラーを経由するのはデータ受け渡しの確認メールのみとなり、これでデータの到着を知り、自分専用のサービスアカウントにアクセスしデータをダウンロードするという仕組みです。これなら非常に分かり易いですよね。

共有フォルダ化すればグループ間でもデータ共有化が

一つのデータアップロード主に対し複数のアカウントでデータをダウンロード出来る共有フォルダ化のサービスを導入すれば、同じ部署のメンバー全てがデータや情報を共有・並列化出来るといったメリットが出てきます。またデータ転送を一度で済ませられる為通信コストや料金のコストダウンに繋げる事も可能となるでしょう。注意すべきは、これらのデータはアップロードから受け取りまでの期間が有限である事で、概ね1週間以内にダウンロードが必要となってくるケースが多くなっています。

動画等の大容量ファイルが、容易にパソコンで見られるようになりそれに伴い、大容量のファイルを取り扱うサービスが増えている。

カテゴリー:未分類

admin