メニュー ホーム

アーカイブ機能を利用することで大容量データや多数のデータを効率よく転送できる!

大容量データ転送時の必須ツールであるアーカイブ

大容量のデータ転送を行う場合の方法の一つに、アーカイブというものがあります。このアーカイブとは、その内容はそのままに保った形で、プログラムやデータのサイズを縮めてしまうという手法なので、これを利用することで、大容量のデータをその何分の一というサイズに縮めた形で、データ転送ができてしまうことになります。データの種類や、アーカイブツールソフトの違いによって、データの圧縮率はだいぶ違ってくるのですが、場合によっては、100分の1といったレベルの圧縮ができてしまう場合もあるので、このアーカイブ機能、大容量のデータ転送を行う際には、もはや必須の機能となっているのです。

大半のデータ種はサイズを縮めることができてしまう!

データの種類によっては、どのアーカイブツールを使っても余り圧縮することができない、といったものもあるのですが、ほとんどのデータ種では、最低でも10分の1くらいにデータサイズを圧縮することができます。また、アーカイブツールのほとんどが、複数のデータファイルやプログラムの格納されているフォルダーを、そのフォルダー構造を保っ形のままで圧縮することができるので、何十本といった大量のデータファイルを一まとめにして転送してしまうことも、このアーカイブ機能によって簡単に実現できてしまうのです。

大量のデータも一まとめにして圧縮して転送できる!

大容量のデータというのは、必ずしも一つのデータのサイズが巨大である、という場合だけではありません。一つ一つのデータサイズは小さくても、それが何十本と集まれば、巨大なデータサイズとなってしまうからです。そうしたデータを大量に転送する必要がある場合には、アーカイブツールを使って何十本というデータファイルを一つにまとめてしまって、それをさらに圧縮してしまうことで、大量のデータを効率よく転送するということができるわけなのです。

大容量ファイルの送信は、メールではできないです。そのため、専用のアプリケーションを導入して、クラウド上でやり取りする手法が便利です。

カテゴリー:未分類

admin